More ideas from Fernando
all photos(C)黒住直臣 石嶋設計室が設計した、JR中央線の高架下につくられた保育所「グローバルキッズ武蔵境園」です。 JR中央線の高架化にともなって生まれた高架下に魅力的な空間をつくり出し、これまで線路で南北に分断されていた街に回遊性を生みだし地域の活性化を目指した「中央ラインモール構想」。この保育園はその一環として武蔵境駅〜東小金井駅の中間に計画された。 ※以下の写真はクリックで拡大します 以下、建築家によるテキストです。 ********** 上位計画と立地条件 JR中央線の高架化にともなって生まれた高架下に魅力的な空間をつくり出し、これまで線路で南北に分断されていた街に回遊性を生みだし地域の活性化を目指した「中央ラインモール構想」。この保育園はその一環として武蔵境駅〜東小金井駅の中間に計画された。 敷地は90m×11.5mの細長い形状。約15m間隔で高架の柱が2本ずつ連続し、地面から4.7mの高さに桁がある。設計にあたってはメンテナンスを考慮し、高架とは50cm程度のクリアランスを保つことが条件とされた。 建築計画…

all photos(C)黒住直臣 石嶋設計室が設計した、JR中央線の高架下につくられた保育所「グローバルキッズ武蔵境園」です。 JR中央線の高架化にともなって生まれた高架下に魅力的な空間をつくり出し、これまで線路で南北に分断されていた街に回遊性を生みだし地域の活性化を目指した「中央ラインモール構想」。この保育園はその一環として武蔵境駅〜東小金井駅の中間に計画された。 ※以下の写真はクリックで拡大します 以下、建築家によるテキストです。 ********** 上位計画と立地条件 JR中央線の高架化にともなって生まれた高架下に魅力的な空間をつくり出し、これまで線路で南北に分断されていた街に回遊性を生みだし地域の活性化を目指した「中央ラインモール構想」。この保育園はその一環として武蔵境駅〜東小金井駅の中間に計画された。 敷地は90m×11.5mの細長い形状。約15m間隔で高架の柱が2本ずつ連続し、地面から4.7mの高さに桁がある。設計にあたってはメンテナンスを考慮し、高架とは50cm程度のクリアランスを保つことが条件とされた。 建築計画…

all photos(C)黒住直臣 石嶋設計室が設計した、JR中央線の高架下につくられた保育所「グローバルキッズ武蔵境園」です。 JR中央線の高架化にともなって生まれた高架下に魅力的な空間をつくり出し、これまで線路で南北に分断されていた街に回遊性を生みだし地域の活性化を目指した「中央ラインモール構想」。この保育園はその一環として武蔵境駅〜東小金井駅の中間に計画された。 ※以下の写真はクリックで拡大します 以下、建築家によるテキストです。 ********** 上位計画と立地条件 JR中央線の高架化にともなって生まれた高架下に魅力的な空間をつくり出し、これまで線路で南北に分断されていた街に回遊性を生みだし地域の活性化を目指した「中央ラインモール構想」。この保育園はその一環として武蔵境駅〜東小金井駅の中間に計画された。 敷地は90m×11.5mの細長い形状。約15m間隔で高架の柱が2本ずつ連続し、地面から4.7mの高さに桁がある。設計にあたってはメンテナンスを考慮し、高架とは50cm程度のクリアランスを保つことが条件とされた。 建築計画…

all photos(C)黒住直臣 石嶋設計室が設計した、JR中央線の高架下につくられた保育所「グローバルキッズ武蔵境園」です。 JR中央線の高架化にともなって生まれた高架下に魅力的な空間をつくり出し、これまで線路で南北に分断されていた街に回遊性を生みだし地域の活性化を目指した「中央ラインモール構想」。この保育園はその一環として武蔵境駅〜東小金井駅の中間に計画された。 ※以下の写真はクリックで拡大します 以下、建築家によるテキストです。 ********** 上位計画と立地条件 JR中央線の高架化にともなって生まれた高架下に魅力的な空間をつくり出し、これまで線路で南北に分断されていた街に回遊性を生みだし地域の活性化を目指した「中央ラインモール構想」。この保育園はその一環として武蔵境駅〜東小金井駅の中間に計画された。 敷地は90m×11.5mの細長い形状。約15m間隔で高架の柱が2本ずつ連続し、地面から4.7mの高さに桁がある。設計にあたってはメンテナンスを考慮し、高架とは50cm程度のクリアランスを保つことが条件とされた。 建築計画…

バンコク/クロントイ 高架下住宅

バンコク/クロントイ 高架下住宅

Todos intentamos obtener el máximo rendimiento de nuestros espacios privados, diseñando nuestras viviendas según las necesidades actuales y las que creemos que tendremos en un futuro, no obstante, los espacios comunes de las ciudades se degradan con el tiempo por la falta de ciudado o de actualización de su uso. Este es un ejemplo de dar nueva vida al espacio existente debajo de un viaducto.

No plants or bees allowed. The horrible black rubber rooftop of the refurbishment of the Viaduktbögen (viaduct arches), Zürich (CH) by - Inside, it is cool.